お問い合わせ

CLOSE

事業紹介
製品情報
開発・ソリューション事例
会社情報

開発・ソリューション事例CASE STUDY

製品の採用事例

工作機械向け後付け予知保全システム

事例説明

概要

エッジコンピュータとして、振動・温度センサーの情報を、産業用PCのWi-Fi・Bluetooth機能で受信し、 LTEでクラウドへ発信。UPSも搭載。

ポイント

  • UPS機能標準搭載により、ぶち切り・瞬停からデータ保存可能
  • 死活監視を守る安心機能搭載
  • 各種インターフェイスやLTE、Wi-Fi/Bluetooth機能オプションにより、専用機器をなくしてコストダウン実現

顧客要求事項

  • クラウド側からの死活監視を行う際に電源ぶち切り、瞬停などでエッジPCがダウンすると困る。さらには、データ消失などはあってはならない。そのために、安心して使用できるUPS搭載のエッジPCがほしい
  • また、周辺機器のコストダウンもテーマ。従来は無線センサー(振動/温度)には専用受信機、クラウドへはLTEルーターを使用していたが、エッジPCにオプションとしてWi-Fi/Bluetooth、LTEが繋がれば専用機器は不要となり、コストダウンとなる
  • 保守メンテが現場でできる機能を提供(外食産業で培った技術を応用)