お問合わせは
Webで簡単

AT4A-170N

HDMI 入力 インタフェース搭載の17インチSXGA表示の薄型タッチパネルモニタです。

  カタログ   ダウンロード
特 長 仕 様 外形寸法 注文型式

 

.

特 長

 

  マルチタッチのタッチパネル
  マルチタッチ操作可能でHMI機能が向上します。
  OSD機能をサポート
  ディスプレイの設定画面を表示して操作する機能を搭載 しています。
 

HDMIコネクタ
  映像を高品位なデジタル信号でやり取りできます。
  弊社の産業用PC(FC4シリーズ、EC4-100A、ECL4-100B)と接続時は、
  HDMIケーブル1本で、画像情報の送受信が可能です。

 

.

仕 様

 

<機能仕様>

項 目 仕 様
型式 AT4A-170N
LCD サイズ 17インチ
パネル カラーTFT 液晶パネル
画素ピッチ mm(H) × mm(V) 0.264 × 0.264
アスペクト比 4:3
最大表示色 1677 万色
輝度 標準 300cd/㎡
最大 450cd/㎡
コントラスト比 800:1
解像度[ドット] 1280×1024 SXGA
視野角 UPPER+LOWER 60°+80°
LEFT+RIGHT 80°+80°
バックライト (※1) 方式 LED バックライト 交換不可
寿命 5 万時間以上
タッチパネル 検出方式 高感度抵抗膜方式マルチタッチ
表面処理 ノングレア、ハードコート 2H
分解能 1024×1024
耐久性 500 万回以上
ドライバ Windows 版 標準ドライバで対応可能
Linux 版 Linux カーネルに内臓されている hid-multitouch
ドライバで対応可能
タッチパネルインタフェース USB2.0 タイプ B コネクタ
映像入力 HDMI×1ch
最大 1920 ドット×1080 ドット(FullHD) HDCP1.4 対応
オーディオ ステレオ出力

(※1) 寿命は周囲温度 25℃、標準輝度で点灯していた場合に輝度が 25%になるまでの時間です。
    標準輝度は最大輝度の 65%を出荷時設定としています。
    バックライトの交換は LCD モジュールの交換になりますのでセンドバック対応となります。

<電気仕様>

項 目 仕 様
電源 定格電圧 DC24V
電圧許容範囲 DC20.4~26.4V
許容瞬時停電時間 1ms 以下
電源逆接続保護 DC26.4V 逆接続にて破壊なし
消費電力 19.3W 以下
ステータス LED(POWER) ブルー

<環境仕様および質量>

項 目 仕 様
物理的環境 使用周囲温度 0~50℃
保存周囲温度 -25~70℃
使用周囲湿度 10~90%RH(結露無きこと)
保存周囲湿度 10~90%RH(結露無きこと)
使用雰囲気 腐食性ガス無きこと
汚染度 汚染度 2
耐気圧(使用高度) 800~1114hPa(海抜 2000m 以下)
耐振動 JIS B3502、IEC/EN61131-2 準拠 5~9Hz
片振幅 3.5mm 9~150Hz 定加速度 9.8m/S2
X,Y,Z 各方向 10 サイクル(100 分間)
耐衝撃 98m/s2 X、Y、Z 各方向 3 回
電気的条件 耐インパルスノイズ(電源間)(※2) (ノイズシミュレータによる) ノイズ電圧±1kV、ノイズ幅 1μs、
立上がり 1ns、繰返し周波数 16ms
ファーストトランジェントバースト(※2) IEC61000-4-4(レベル 3) ±2kV
耐静電気放電(※2)(※3) IEC61000-4-2(レベル 3)
±6kV(接触放電法)
±8kV(気中放電法)
質量 約 4.0kg

(※2) USB は対象外です。
(※3) 耐静電気放電評価は取付時、パネル面に対して実施しています。

<外観仕様>

項 目 仕 様
設置条件 接地 機能接地 :第三種接地(D 種接地)
構造 保護構造
形状
取付け方法
:フロントパネル IP65
:一体型
:パネル埋込み取付け
冷却方法 自然空冷(取付方法指示による)
外形寸法(※4) 404×338×63.3
パネルカット寸法(※5) 392×326
フロント ケース 材質 PC/ABS
グレー
パネルシート グレー
背面 材質 アルミ(A5052)
その他 材質 鉄(SPCC/SECC)
処理 三価クロメート

(※4) 突起部及び取付金具は含みません。(W)×(H)×(D)表記(単位:mm)
(※5) 許容差は+0.5/-0mm です。(W)×(H)表記(単位:mm)

このページのトップへ

 

.

外形寸法

●AT4A-170N

単位(mm)

 

.

注文型式

   
                     
   
     
     

 

※ 本ページの記載内容は 改良のため予告なく変更する場合があります。

 

このページのトップへ

^