お問合わせは
Webで簡単

パネルPC1A

※1A製品の個別の製品紹介ページは現在作成中です。
 カタログはこちらをクリックしてください。

ARM系CPU搭載 産業用パネルPC製品

 IoT/M2Mを推進する新たなプラットフォームとして、ARM系CPU Qualcomm Snapdragon を搭載した産業用パネルPCをラインナップ、1Aシリーズとしてネットワーク、情報品質の強化したモデルをラインアップしました、高速携帯通信LTE(オプション対応)・無線LAN/Bluetooth(オプション対応)・UPS(無停電電源)標準内蔵し、次世代の産業用パネルPCをラインナップしました。
 
(参考:1Aの機能)

  CPU コア数 UPS
標準搭載
有線LAN 無線LAN Bluetooth
高速
携帯
通信
LTE
USB
1A  APS1A-***A Qualcomm
Sunapdragon
QuadCore 2ch USB2.0×3

■ARM系CPU搭載Qualcomm Snapdragon CPU QuadCore搭載
   高速携帯通信LTE対応・無線LAN/Bluetooth対応・UPS(無停電電源)標準内蔵
 産業用パネルコンピュータAPS1A-***Aシリーズ
    
   APS1A-070AS(7インチワイドWXGA 静電容量方式タッチパネル)
   APS1A-070AN(7インチワイドWXGA 抵抗膜方式タッチパネル)
   APS1A-101AN(10.1インチワイドWXGA)
   APS1A-104AN(10.4インチXGA)
   APS1A-121AN(12.1インチXGA)
   APS1A-150AN(15インチXGA)
   APS1A-170AN(17インチSXGA)

■既存製品・旧製品

 

特徴

現場の新しいプラットフォーム ※無線LAN/Bluetoothモジュール・LTEモジュール・アンテナ類はオプションです。

■ネットワーク強化 IoT/M2Mを推進するプラットフォームへ
IoT/M2Mでは、現場の情報を高速かつ正確に上位に伝える情報品質の担保が求められてきます。当社では、時代の流れと市場の動き、現場の声を反映し、ネットワーク機能を強化しました。従来から装備している有線LANはもちろん、無線LAN、Bluetooth(オプション)対応し、さらに高速携帯通信LTE(オプション)にも対応しました。こうした機能を付加することで、停電の場合やセキュリティーの問題で構内ネットワークに接続できない場合など、インターネット環境がない場所でも、直接クラウドシステムと現場をつないで情報交換ができるようになります。
 
■UPS電源 情報品質向上、現場の貴重なデータを消失防止
UPS(無停電電源)を標準内蔵し、現場から収集したデータやオペレーターの操作ログなど情報を安全に
保存し、またネットワークを介してクラウドへのアップロードなど、データ消失の危機を低減し、OSの確実なシャットダウンを行えます。停電前のデータはもちろん、停電の瞬間のデータまで保持し、後で解析し再発防止に利用できる情報品質へのこだわっています。さらにAPS1Aシリーズでは、停電で構内の有線LAN網や無線LAN網が使えなくなった場合でも、高速携帯通信LTEを使い停電前のデータはもちろん、停電の瞬間のデータまで保持し、クラウドサーバーへ直接アップロードおこなってから、正常にシャットダウンをおこなうことができます。そしてアップロードされたデータを即座に解析でき、復旧プロセスや再発防止に役立てることも可能となります。。
IoT/M2M時代の必須機能です。エッジコンピューティングにも最適です。

■現場の使用に耐える高い信頼性
高信頼性のQualcomml® SnapdragonTM Quad Core搭載メインストレージにeMMCを搭載しファンレス、完全スピンドルレス。静粛性と高い信頼性を実現。

■RAS機能でメンテナンス向上
異常・トラブルを未然に監視して信頼性の向上。OSの起動不良・動作異常、温度異常、システムの動作異常を監視。障害発生の記録、予知予防保全により能動的なメンテナンスサービスができます。

■汎用OS 汎用性で物作りの効率アップ
 信頼性を重視して、Debianをベースとしたディストリビューシ ョンLinux Algonomixに対応しています。汎用の開発ツールを使いC言語を初めとする様々な開発環境で、アプリケーション開発することができます。

■用途に応じて選べるラインナップ
パネルサイズ(7~17インチ)で選べる7機種

 

産業用パネルPCのコンセプト

次世代産業用パネルPC制御から情報収集まで、
現場のデータを「守り」「伝達」「活用」
アルゴシステムが提案する新たなプラットフォームです。

 アルゴシステムでは、2005年から液晶表示器分野を新事業として市場へ参画。SH4をベースにし、Linuxを搭載した「スマートディスプレィ」を商品化して以来、さらにノウハウを蓄積し、Intel系CPU、ARM系CPUの産業用パネルコンピュータを積極的にラインナップを進めています。 もちろん、安心してご利用いただけるよう、日本で設計し、日本で生産している ”MADE IN JAPAN”の製品です。

 十数年のお客様と共にパネルPCを創り続け、新たなプラットフォームとして現場で必要とされているパネルPCをつくりました。
 インターネットが普及し、「ヒト、モノ、コト」をつなげるIoT/M2M時代が到来している現在。
現場では、大きな変化が起きています。様々なツールをたった一台で装備したスマートデバイスが普及し、ネットを介したサービスがいつでもどこでも利用可能となってきています。その中で最新のITを活用して変革を起し、新たなビジネスモデルを展開する事業者が従来の事業者に取って代わろうとしています。既に物流、製造業といった産業だけでなく、医療、交通といった社会インフラもIoT/M2Mの活用が始まってきています。IoT/M2Mの世界では、I Tは情報システム会社やシステム部門が扱うものではなく、実際の現場から正しい情報を基にに、ビジネスをドライブする経営者や事業者が情報を自由に活用できる仕組みが必要とされてきています。I Tを駆使した変革を実現するために重要なのは、データセンターやネットワーク、セキュリティなどだけでなく、現場の変革をスピーディーに行えるかが、一つのキーになってきています。早期にIoT/M2Mを導入し、自社の強みを活かし、価値を高めるサービス開発が求められています。

アルゴシステムでは、お客さまと共に、
新しいビジネスモデルを構築していこうと考えています。

^