お問合わせは
Webで簡単

エッジコンピューティング(高機能表示器事例)

エッジコンピューティングが可能

昨今IoT化の流れが顕著になっており、何でもクラウドに送るのではなく、出来ることは現場でやるというエッジコンピューティング志向が強まっていますが、既存PLCではパワー不足でデータを集めるので精いっぱいでとてもそのデータ処理はできない(従って、エッジコンピューティングは出来ない)という現場が多く存在しています。
こうした職場にはオールインワンコントローラが最善のソリューションとなりますが、一気に切り替えることが難しい場合でも、高機能表示器を導入すれば、既存PLCのままエッジコンピューティングを実現でき、リアルタイム性を担保できます。

^