お問合わせは
Webで簡単

再販売について

 

再販売に関する同意確認

マイクロソフト社製OSを搭載した当社組み込み型システムの再販売・再頒布に関し、 以下の内容に同意していただく必要があります。 この同意確認は、一度同意いただければ、以後は必要ありません。
尚、弊社製品を再販売、再頒布することなく自社内のみでご使用の場合、同意登録の必要はありません。

  1. 定義
     「APM」即ち「関連製品資料」とは、使用許諾製品の再配布可能コンポーネントとしてマイクロソフト社が適宜指定する、使用許諾製品に関するドキュメント(使用許諾書・英文)、ソフトウエアや他の有形資料を含んだ外部メディア(リカバリDVD)を意味する。 尚、APMにCOAは含まれない。

     「COA」即ち「Certificate of Authenticity」とは、マイクロソフト社が使用許諾製品のみに作成した削除不可のシールを意味する。 (シールとは製品本体裏面に貼付済みライセンスシールのこと)

     「組込み型アプリケーション」とは、業界または業務固有のソフトウエアプログラムを意味し、以下の属性をすべて備えているもの。
       (1)組込み型システムの主要な機能がある。
       (2)組込み型システムが販売される業界に特有な機能要求に合わせて設計されている。
       (3)使用許諾製品ソフトウエアに加えて重要な機能がある。
     「組込み型システム」とは、組込み型アプリケーション用に設計され、組込み型アプリケーションと共に配布され且つ、汎用的なパーソナルコンピューティングデバイス(パーソナルコンピュータなど)、または多機能サーバーとして販売もしくは使用されない、また、これらのシステムの代替品として商業的に実現不可能な、お客様のイメージ付きコンピューティングシステムまたはデバイスを意味する。

  2. 組込み型システムの再販売・再頒布に際し、本製品に貼付・添付したマイクロソフト社のOS製品のCOAとAPMを必ず貼付・添付しなければならない。
  3. 組込み型システムとは別にマイクロソフト社のOS製品またはその製品の一部を宣伝したり、価格提示したり、あるいは販売したり再頒布したりしてはならない。
  4. もし、ここに決める条件を守っていないことが判明した場合には、株式会社アルゴシステムはマイクロソフト社との契約に従って状況報告をマイクロソフト社に行い、出荷停止・状況改善依頼・調査を行う。
^